読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あした、節約はじめます

30代子持ち専業主婦の節約がいかにはかどらないか、を綴るブログです

春服10着:手持ち服のみで着まわします

「5ヶ月服は買いま宣言」を受けて、この春はこれ以上服を買わず、手持ち服のみで乗り切ることに決めました。

そこで、使えそうな服を引っ張りだすと、ちょうどトップス5着、ボトムス5着の計10着。

 

f:id:aoikame:20170319142721j:plain

トップス。

左上から時計回りに、カーキのコットンニット(今年)、ストライプシャツ(5年前)、黒のブラウス(去年)、白のブラウス(今年)、グレーのサーマル(去年)。

今年2着買ってるじゃん。でも2つともユニクロさんです。(言い訳)

 

f:id:aoikame:20170319143052j:plain

ボトムス。

左上から、ジーンズ(2年前)、黒スキニー(去年)、黒ストレートジーンズ(去年)、白スカート(今年)、レーススカート(3年前)。

今年購入は白スカート。これはGUです。(またもや言い訳)

 

普段の生活は、幼稚園の送迎と公園通い。うん、いけそうな気がする。幼稚園の行事等は、手持ちのスーツ2着を投入すればたぶん問題なし。

あと、アウターは、基本トレンチ。公園にはパーカーで。うん、十分いけるんじゃないか。

 

白のスカート、私としてはえいっと思い切って買ったもので(ジーユーだけど)、なぜならすぐに汚すことが目に見えているからです。で、今までは汚れてしまったら泣く泣く捨てていたのですが、今年の私には目論見があります。

それは、「汚れたらダイロンで染めてみればいいじゃないか」という考え。

黄色っぽい汚れなら黄色に染めてみればいいし、濃い色ならもっと濃い別の色。鮮やかなブルーとか、赤とか。

そう、それを楽しみにすれば、汚れそうと怯えずに躊躇なく履けるし、「ビビッドカラーが流行ってるし、春だし、明るい色の服が欲しい☆」というミーハー心をなだめることができる、と一石二鳥の戦法。

汚れがついてしまった子供服も一緒に染めてみてもいいかも、と、すでに汚すのが楽しみでいいんだか悪いんだか。

 

そんなこんなで、この春、手持ちの10着で乗り切ろうと思います!

ベースメイクはいいものを使いたい、でも予算が足りない。そこでちょっと考え方を変えてみた。

顏の印象を大きく左右する、ベースメイク。

肌に直接触れるものだし、技術もない私は、ベースメイクはできればそれなりにいいものを使いたい。

でも、下地に、ファンデに、パウダーに、いいものを買っていたら予算が足りない。

なので、ちょっと考え方を変えてみました。

 

例えば、全てプチプラで揃える場合。

  • 500円の日焼け止め
  • 1000円の下地
  • 1500円のファンデーション
  • 1000円のルースパウダー

なんだかんだ、合計4000円かかっている。だったら、ワンアイテムで全てカバーできるものを買えばいいんじゃないか。俗に言う、オールインワンです。

でも、BBクリームは今までこれというものがなくて、手を出していませんでした。それで、なんとなく、ほどほどのアイテムにファンデだけちょっといいもの、という揃え方をしてきました。

そんな私が現在リピートして使っているのが、これ。

 

アルビオンのスマートスキンベリーレアです。

リピートしてこれは2つ目。

下地不要、SPF33・PA+++、生チョコファンデとの通称通り、粉っぽさはなく、肌にぴたっと乗って広がります。セミマットなので、ハイライトで艶っぽくもできるし、真面目なマットっぽい雰囲気でもいい。それに手が汚れなくて、とっても手軽。とにかく使い勝手が◎です。

これ、レフィルが4000円、ケースが1000円。先ほどの、プチプラでいろいろ揃えるのと同じ費用で購入できちゃう。だったらこっちが断然いい、とうのが私の考え方です。

 

まぁ、オールインワンアイテムをプチプラで買う、って手もあるんですけどね。なんやかんや理由をつけて、ちょっといいものを買う自分を正当化しているようなしていないような。でもでも、やっぱりアルビオンは信頼できる。一度も肌も荒れてないし。やっぱ当分これでいいんじゃないか。(やっぱり正当化)

 

それに、元ミニマリスト志望者としても、細々と化粧品を揃えるより、一つで何役もこなし、かつ信頼できてなくなったら買い換えることに決まっているアイテムの方が、身の回りも心もすっきりしていいです。

よし、次は、メイク落としと洗顔どちらも一本でOK(つまりダブル洗顔不要)のちょっといいものを買おうかな。(現在はビオレです…笑)

節約第一弾、5ヶ月服は買いま宣言

なんで私は節約できないのか、をいつまでもグダグダ言っていても仕方ないので。

ようやく節約を始めます。

まず、「8月まで服は買わない」を掲げます!

 

というのも、「これ春に着たいな」「夏に絶対活躍する!」なんて言って、すでにちょこちょこお買い物しちゃってたんですよ、このまだまだ寒い時期に。

1月にコットンのカットソーとか。

2月にノースリーブとか。

見てるだけで寒いよ。ドMか。

 

もう、去年までのものと、今年買い足したもの(プチプラ5着合計1万円強)で、今年の春夏は過ごそうかと思います。

ちなみに、クローゼットの中にある服は、通年で100着には全く届きません。ミニマリストへの憧れてと挫折、衝動的な断捨離が地味に効いてきますね。涙が出そう。

 

ここで、「春夏ものはもう買わない!」とすると、たぶん、6月あたりから秋服を物色し始める気がするんです。というか、しちゃいます。で、シーズン立ち上がりで買っちゃう。この流れを断ち切りたいので、「7月いっぱいまで服は買わない」を守ります。

ここに書いたから。死守します。

あとは、反動で8月に秋冬物買い漁らないように、予算と方針をじっくり練ろうと思います。

頑張れ自分!

ミニマリスト志望なのに散財しちゃう、「なんちゃってミニマリスト」の盲点とは

いろいろ買っちゃうんですー貯金減っていくんですーと言いながら、実は我が家は結構すっきりしているんですよ。意外と。

家族4人ですが、引っ越しで梱包を引っ越し業者の方にお願いしたら、2人で3時間で終わったくらい。遊びに来る人にも「ものが少ないね」って言われます。

 

そう、もともとものの持ち数が少ない私は、さらに「ミニマリスト」に憧れた時期があったんです。大して多くなかったものを、もっと減らしてみました。

そしたら、落とし穴。

「少ないお気に入りをたくさん着る」的なあれです。

服は少なく、少数精鋭☆となりまして、「長く使えるから」といいものを買う癖がついてしまいました。それが、BPのジャケットに…という先日のくだりにつながる訳なのですが。

(BPBPくどいのは好きだからです気に入ってるからですドヤ顏アイテムなんですごめんなさい)

 

コートなんてもともと1着しか持ってないから、いいものを。

1着しかないダウンもへたってきたから、買い換えるなら長く使えるものを。

もともとものの少ない人間が、「洗練されてる系ミニマリスト」に憧れると大変。

「買わなきゃいけない、どうせならいいものを」とものすごいお金がかかること必至です。

 

でもまぁ実際、長く使えそうなものが揃ってきたのは事実。ここで、次はバッグを、とならないように、一度区切って節約体制に移ろうと思っております。

 

物欲とInstagramと断捨離のち残ったフォローリスト

高い服を買うのをやめよう!というレベルの低い目標を掲げている私。

その物欲を減らすべく、まずは情報の整理に取り組みます。

 

そこで手始めに、Instagramに着手。

インスタって物欲の玉手箱ですよね。素敵な方が、素敵なアイテムを、素敵に撮ってアップする。それが、バーって広がる。世の中みんなお買い物たくさんして、世の中みんなおしゃれな気がしてくる。

きけんです、インスタ。

でも、やっぱり、洗練された尖った感性に触れていたい。

 

なので、急に辞めるのではなくて、フォローする人を減らすことにしました。

 

なんと、これまでフォローしていた人数、217人。多すぎるー。

ここから、フォロー中のリストで名前だけ見たときにこの人だと分かるものだけ残して、一気に減らしました。

私にとって、投稿を見た瞬間にうわって声が出ちゃうような人だけ残すのが目標。

そこで、フォローしているアカウントは60になりました。まだ多いかな。

 

育児関係が10

食事関係が10

お弁当が10

インテリア関係が10

ファッションが20

といった内訳です。

 

ここで減らしたくても減らせなかった、とっても素敵なファッション関係のアカウントは。

@yf_____さん

@chiiill89さん

@yukoweddingさん

@h_viveentokioさん

@st.act_さん

あと有名人では、

@tokyodame クリスウェブ佳子さん

@yoshikotomioka 富岡佳子さん

@nozo0806 飯島望さん

をフォローしています。

あと12人くらいフォローしていますが、そこはちょこちょこ入れ替わるかも。

 

素敵なアイテムをちょこちょこ購入されている方、つまり「手の届きそうな絶妙なライン」の方のアカウントは、泣く泣くフォローを外しました。

インスタ、「次に買うもの」を探すためではなくて、「洗練された感性に触れる」ために使いたいなと思っています。

 

貯金が4年で170万円減った理由

前回、なんで貯金残高がなんで減っていくのか分からない、的なあほなことを書きましたが、いや正直、理由は分かるんですよね。

それは、「中流階級の貧困」ってやつそのものです。

私は現在、食費、日用品、お小遣い(衣類美容費含む)、子供関係(教育費除く)のために、月10万円もらっています。主人は予算なしに、結構自由にお金を使っています。

正直我が家は貧乏ではないと思う。周りの人達は結構いい生活してる。そうして調子に乗って、ちょこちょこ贅沢しちゃってるんですよ。

 

去年はまぁひどかった。

いろいろあったのを言い訳にして、散財しました。BPのレザジャケ、Church'sのレースアップシューズ、HYKEのコート、Hirotakaのピアス。

うん。

月10万円の中から捻出できるわけない。というか生活費から捻出すべきものじゃない。専業主婦、何してるんだって話です。

普段、いくら安売りのオムツ買いだめしたって、こういう出費繰り返してたらお金が減るのって、小学生でも分かる。

服飾費は緩急つけます☆私結構ユニクロとか着ちゃうんです☆なんてうまくやってるような顔したって、いやいやユニクロだって結構いい値段しまっせ、っていう身分のはずなんですよ。

しかも、食費の大部分は生協頼み。

うん。ほんと中流階級の貧困。そりゃお金減るよねー。

 

そう、4年で170万円。1年で約40万円。月3万円強。ちょっと使いすぎるだけで、4年で170万円消えちゃうんですよ。怖い。いや、当たり前のことですよね。

 

なので、ようやく当たり前のことを。まずは「高い服を買わない」ようにします!

…。レベル低すぎる。頑張りますー。

専業主婦になって貯金が半分以下になりました

30代前半、女。

第一子出産を期に退職、のち専業主婦。ときどき夫の副業の手伝い。

子供は2人。

 

退職時の貯金は300万円。安月給をちまちま貯めた、20代の日々。

それがね、今、貯金は130万円まで減りました。何があったんだろう。

 

退職して4年経ちます。

退職直後、夫からもらっていたお金は月6万円。これで、

  • 食費
  • 消耗品
  • 衣服・美容
  • 子供関係

をまかなっていました。裏を返せば、私の管轄外は、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 夫の交際費・衣服
  • レジャー費
  • その他不定期支出(出産、病院関係など)

退職後も、出産までの妊婦健診は、共働きのときの感覚でなんとなく私のお財布から出していました。なんとなく請求しづらかったんですよね。

それでまぁ貯金が目減りしていきまして、第一子が生まれ、第二子が生まれ、主人の給与も順調に伸びていることもあり、現在は月10万円いただいています。

 

それでも、貯金は減る一方。

なんでだ。

月10万円。豪遊はできないかもしれないけど、子供は2人とも就学前、足りないわけはない。でも減り続ける通帳の預金残高。

そこで、ブログをはじめることにしました。

 

たぶん、あっと驚く節約術は出てきません。

頑張ってるな、とすら思っていただけないかと思います。

たぶん、「あ、だからこいつ貯金できないんだ」というポイントを垂れ流していくブログになるかと。グダグダですよ。

そんなダメダメな節約、どなたかの慰め(?)になれば幸いです。